お知らせ|大阪市阿倍野区で動物病院をお探しの方はげんき動物病院まで


【※重要※当院における新型コロナウイルスの感染防御について その3】

2020年5月15日

待合室での待機について
大阪での新たな感染者数は減少していること、
気温が上昇してきたことから、
待合室は本日から使用できることにします。
もちろん、当院で飼主様が感染しないために、
これまで行ってきた感染防止対策
(当院における新型コロナウイルスの感染防御について その1、
その2参照)の多くは継続あるいはさらに強化していきます。



待合室や待機場所に関する変更・注意点
待合室はご利用になれます。
誠に申し訳ございませんが、院内に入る飼主様は1人でお願い
 します。2人目以降の方は屋外でお待ちいただきますようお願い
  致します(待合室に人を密集させないため)。
これまで通り、待合室での雑談はお控えください。
 (飛沫、エアロゾル発生のため)。
屋外や車内で待機をすることを希望される方には、
 順番が来ましたら電話でお知らせ致します。
 受付時あるいは外出時に受付に電話番号と
 順番が来る何分に電話をすればよいか、
 お伝えするようお願い致します。
 電話に出られない場合は順番を飛ばしますのでご了承下さい。
これまで通り、院内ではマスク(タオル・バンダナ等でも可)
 の着用を必須とします。
 お忘れになった方には少し高いですが販売します。



その他来院される方への注意点は
当院の新型コロナウイルス対策その2 に記載しております。
現在行っていない対策に関しては線を引いています。
初診の方や4月以降来院されていない方は
ご確認の上、来院するようお願い致します。



これまでの対策のアップデートとして
受付にビニールカーテンを設置
 受付での飛沫感染を回避するために設置しております。
 受付での対話はカーテン越しにするようお願い致します。

新しい次亜塩素酸水を導入しています
 空間噴霧やドアノブや受付カウンター等の消毒に用いています。
 一般的な次亜塩素酸水と異なり安定性が極めてよく
(特許取得済み)、ウイルスを不活化する効果は
 最大36時間持続します。
 また、哺乳類、爬虫類、鳥類を含むすべての動物に
 安全に使用できることが確認されています。
 詳細については、近日中にブログで解説させていただきます。